赤ちゃんが吐くときの心配とは

###Site Name###

赤ちゃんが吐く際は、病気が心配されるときとそうでないときがあります。

心配ないケースは、お母さんの母乳の量が多いときやげっぷが出ていないときです。



赤ちゃんの胃は小さいので母乳の量が多いときは飲ませる前に少し搾乳してから飲ませましょう。
3ヶ月頃までは胃がとっくりのような形をしていますので、逆流し吐きやすいようになっています。授乳の際には空気もいっしょに飲み込んでしまいますので、飲んだ後でげっぷをさせて出してあげないと、あとで胃の中の空気が出る際にいっしょに吐いてしまいます。

そのまま寝かせてしまい、吐いたもので喉を詰まらせることもありますので気をつけなければいけません。

授乳の後は、縦抱きをして、お母さんの肩に赤ちゃんの顎がかかるようにして、背中を手のひらでトントン叩きます。

しばらくすると、げっぷがでます。



その際、汚れないように肩にタオルまどをかけておくとよいでしょう。


赤ちゃんが授乳後に吐くことは多々あることですが、ケロッとして体重もふえていれば問題ないことが多いですが、気になるときはかかりつけの病院で診てもらいましょう。
噴水のように度々吐く、吐いたものが白くなく茶色がかっている、元気がなくぐったりしているときなどは、特に気をつけなければいけません。



十二指腸へ流れにくい幽門狭窄症や、腸が腸の中に入り組んでしまう腸閉塞、細菌が脳の髄膜に及ぶ髄膜炎などの病気の疑いもありますので、いつもと違う様子のときは受診するようにしましょう。


PAGE TOP