だっこで育つ赤ちゃんの正常な発達

###Site Name###

首の座らない三か月くらいまでの赤ちゃんは、できるだけ静かに寝かしておきましょう。


泣くので、つい抱いてしまうのですが、おっぱいを飲ませてあげるとき以外は、できるだけ寝かせておく方が、赤ちゃんの脳の発達のためにも、よいのです。


首がしっかり座っていないと頭がふらつくので、頭をもってだっこします。
首が座るころになると顔も知っている人とそうでない人の見わけがつきはじめます。4から5か月くらいになると、首もしっかりと座ってきますので、だっこをしても、だいぶ安定してきます。
だっこをしてもらいたくて、泣くようになります。



抱き癖などとよく言いますが、だっこしてあげられる時は、できるだけスキンシップのために、抱いてあげましょう。

抱いてあげて泣き止むということは、それだけスキンシップを求めていると言う事なのです。
皮膚のぬくもりを感じながら赤ちゃんは正常な発達をしていきます。
抱いてくれている人がどんな人なのか。

赤ちゃんをだっこ情報を選びました。

おっぱいを暮れる人がどんな人なのか、自分の脳の中にしっかり焼き付けていきます。

NAVERまとめの最新情報が知りたい方にはこちらです。

じぶんを守ってくれる人がどんな人なのか、2歳くらいまでのうちに、しっかりとインプットして、育つことが正常な発育につながりますが、もし、そこで、愛情をもって育ててくれる人が、いない場合は、脳の発育は正常にはいきません。

当たり前の事のようですが、親からしっかりと、愛情を受けて育てられなければ、発達障害を生じてくるのです。
赤ちゃんにとってのだっこは、大きな意味を持っているのです。

PAGE TOP